肝機能を改善するためにまずは食事に気を付けよう

野菜の写真

肝臓は人体の主要な臓器として特に重要な臓器です。肝臓機能の低下を防ぎ健康な肉体を保ち続けるためにも、日ごろの食生活に気をつけることが何よりも大切な心構えですが、肝臓機能の向上と維持に有効な効果を与える食事としては、動物のレバーを用いたさまざまな料理が最初に挙げられます。

 

漢方医学では医食同源という言葉があり、
体の臓器の機能が低下したときに動物の同じ部位を食すれば
内臓の機能改善の効果があると古くから信じられてきました。

 

医食同源の概念は民間療法的な位置づけとして捉えがちですが、
現代の東洋医学でも積極的に有効活用されている考え方であり、
動物のレバーを食することによって、
豊富なビタミンと鉄分を摂取することが出来、
肝臓の再生能力を向上させて同時に機能を回復させる効果があり、
肝臓癌などのリスクも減らすことが出来ます。

 

その他の食品で肝臓の健康維持に効果がある食品としては梅干があり、
梅干の成分には肝臓の機能低下による疲労感を回復させる効果があり、
二日酔いで弱った肝機能改善に一役買っていて、
大豆や牡蠣などの良質なタンパク源や必須アミノ酸も、
肝臓を強化して再生機能を増加させるのです。

 

海鮮類の食品も肝機能の向上と回復に大きな力を発揮して、
特にホタテなどの貝類は肝臓のアルコール分解機能を向上させると同時に
肝臓の活動に必要なエネルギー源にもなり、
その他の海鮮食品も主に海藻類は肝臓の再生に
大きな役割を与える細胞増加に大きな効果を発揮します。

 

肝臓に良い果物や野菜としてはリンゴや柑橘類、かぼちゃやニンジンタマネギなど、
数多くの野菜や果物が肝臓に良い影響をもたらしてくれるのです。

 

特にこれらの野菜や果物などは、
活性酸素を防ぐための抗酸化能力を有している食物なので、
肝臓の病気を防いだり肝臓癌のリスクを大幅に軽減する効果が期待できます。

 

このように肝臓に良い食べ物は野菜や魚介類などを問わずに
さまざまな種類の食品があり、こういった肝臓に良い食品を
毎日のメニューに取り入れていくことが、肝臓の健康維持に大きな力になるのです。